笠置町 Kasagi

笠置町は、京都府の最南端に位置し四方を山々に囲まれたのどかな里です。

町のシンボルでもある笠置山は古くから信仰の対象とされ、山頂の笠置寺には日本一といわれる弥勒大磨崖仏があります。

後醍醐天皇の行在所としても知られ、当時をしのぶ史跡も数多く残っています。

清らかに流れる木津川ではカヌーやキャンプが体験できます。

笠置町の体験別情報
笠置町のエリア情報
公共交通機関
  • ・JR京都駅から(JR奈良線経由)「木津駅」乗り換えJR関西本線「笠置駅」まで(約1時間22分~)
  • ・JR大阪駅から(JR環状線経由)JR大和路線「加茂駅」乗り換え「笠置駅」まで(約1時間22分~)
自動車
  • ・京都方面から 第二京阪道路 久御山ジャンクション→(第二京阪・新名神・京奈和)山田川IC→R163→笠置町 (約45分~)
  • ・大阪方面から 阪神高速・第二阪奈道路→宝来IC→R308→R24→R163→笠置町(約55分~)