向日市 Muko City

向日市は、京都盆地の西南部に位置し、面積は西日本で最も小さい市です。

かつて日本の都である「長岡京」が置かれ、政治・文化の中心地として栄え、多くの史跡が点在する文化と歴史あるまちです。

西北部一帯には竹林が広がり、良質な筍の産地です。

また竹林約1.8キロメートルを整備した散策道「竹の径」(たけのみち)があり、また、古くから多くの旅人が行き交った西国街道の町並みも残り、明治神宮本殿のモデルとなった桜の名所「向日神社」や「古墳」など、昔の風情が今に伝えられ、まちのいたるところで感じることができます。

向日市の体験別情報
向日市のエリア情報
公共交通機関
  • ・JR京都駅から (JR東海道線)「向日町駅」まで(快速約7分~)
  • ・JR大阪駅から (JR東海道線)「向日町駅」まで(快速約32分~)
  • ・阪急電車河原町駅から京都本線「向日市の各駅」(約14分~)
  • ・阪急電車梅田駅から京都本線「向日市の各駅」(約36分~)
自動車
  • ・名神高速道路 大山崎IC→向日市(約16分~)
  • ・京都縦貫自動車道 長岡京IC→向日市(約14分~)