宇治田原町 Ujitawara Town

宇治田原町は、京都府南東部に位置し、昔から大和、近江、京都からの道が集まる交通の要の地で山林が約7割を占めていることから日本の原風景ともいえ、美しい山里です。

山の斜面には茶畑が広がり、つややかな緑に包まれています。

煎茶の創始者「永谷宗円」の生まれた日本緑茶発祥の地として、現在でも煎茶・玉露の生産が盛んで宇治茶の主産地でもあります。

豊かな自然と歴史、いにしえの時を伝える歴史スポットも点在します。
[写真提供:宇治田原町商工会商業部会]

宇治田原町の体験別情報
宇治田原町のエリア情報
公共交通機関
  • ・JR京都駅から(JR奈良線)「宇治駅」まで(約18分~) 京都京阪バスに乗り換え「維中前バス停」(約27分~)
  • ・JR京都駅から近鉄電車京都線「新田辺駅」まで(約22分~)京都京阪バスに乗り換え「維中前バス停」(約32分~)
自動車
  • ・京都方面から 第二京阪道路 久御山JCT→(京滋バイパス)宇治西IC→宇治田原町(約25分~)
  • ・大阪方面から 名神高速道路 大山崎JCT→(京滋バイパス)宇治西IC→宇治田原町(約30分~)
  • ・大阪方面から 第二京阪道路 門真JCT→枚方学研IC→R307→宇治田原町(約35分~)
  • ・名古屋方面から 名神高速道路 瀬田東JCT→(京滋バイパス)南郷IC→宇治田原町(約28分~)